頼山陽とその時代  下

中村真一郎 著

「私は頼山陽という一人物を、小説的な想像力のたすけを藉りて再現することを目的とした」(本書「後書」)と述べるように、著者が山陽や周辺の人々を捉えるさまは、一読忘れがたい面影を残す。そこから感取されるのは、江戸後期の知識人たちとわれわれとのまぎれもない同時代性である。本書はまた、著者自身の人生が山陽のそれと呼応し、その関係の解明に力を費やした探究の跡でもあった-。下巻では、江戸の学者や山陽の弟子、諸国の知友などを眺めた後、畢生の書『日本外史』をはじめとする文業を論評して筆は擱かれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4部 山陽の交友 下(江戸の学者たち(第四グループ)
  • 江戸の文士たち(第五グループ)
  • 諸国の知友(第六グループ))
  • 第5部 山陽の弟子(初期の弟子たち(第一グループ)
  • 慷慨家たち(第二グループ)
  • 晩年の弟子たち(第三グループ)
  • 独立した弟子たち(第四グループ))
  • 第6部 山陽の学藝(『日本外史』
  • 『日本政記』
  • 『日本楽府』
  • 『新策』と『通議』
  • 『詩鈔』と『遺稿』
  • 『書後題跋』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 頼山陽とその時代
著作者等 中村 真一郎
書名ヨミ ライ サンヨウ ト ソノ ジダイ
書名別名 Rai san'yo to sono jidai
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ナ25-2
巻冊次
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.3
ページ数 648p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09779-8
NCID BB23255282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22894973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想