頼山陽とその時代  上

中村真一郎 著

名は襄、字は子成、通称久太郎。安永9年、儒者頼春水の長子として大坂に生まれる。後に、天賦の詩才と史書の叙述で天下に令名を馳せる頼山陽(1780‐1832)である。その一代の文章は、幕末期に尊王攘夷運動の原動力ともなった。作家中村真一郎は、この人物の内面を丹念に掬い上げながら、生涯の全貌と時代の知的風景を余すところなく描き出す。発表後、山陽のみならず、江戸漢詩文の再評価をもたらした傑作評伝。上巻では、精神の異変と、脱藩事件や遊蕩によって始まる山陽の生涯、一族のあり様、西遊中の交際などを扱う。芸術選奨文部大臣賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 山陽の生涯(病気と江戸遊学
  • 病気と脱奔
  • 病気その後
  • 遊蕩と禁欲
  • 女弟子たち)
  • 第2部 山陽の一族(父春水
  • 春水の知友
  • 山陽の叔父たち
  • 山陽の三子
  • 三つの世代)
  • 第3部 山陽の交友 上(京摂の友人たち(第一グループ)
  • 京摂の敵対者たち(第二グループ)
  • 西遊中の知人たち(第三グループ))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 頼山陽とその時代
著作者等 中村 真一郎
書名ヨミ ライ サンヨウ ト ソノ ジダイ
書名別名 Rai san'yo to sono jidai
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ナ25-1
巻冊次
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.3
ページ数 484p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09778-1
NCID BB23255282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22894972
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想