ユタが愛した探偵

内田康夫 著

琉球王家伝来の滋賀県彦根の名物行事「ブクブク茶会」。沖縄から参加した式香桜里には「神の子」といわれる予知能力があった。彦根で彼女の素性を探っていた男が、一週間後沖縄の聖地・斎場御嶽で死体となって発見された。男はスキャンダル雑誌の社長だった。彼の関係者からの依頼を受けた浅見光彦は真相解明のため沖縄に向かうが-悲劇の連鎖を止められるか!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユタが愛した探偵
著作者等 内田 康夫
書名ヨミ ユタ ガ アイシタ タンテイ : チョウヘン スイリ ショウセツ
書名別名 長編推理小説
シリーズ名 光文社文庫 う1-83
出版元 光文社
刊行年月 2017.3
ページ数 369p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-77440-0
全国書誌番号
22862323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想