東南アジア地域研究入門  1

山本信人 監修

多様な生態系を含む東南アジアの地域社会の変容は、西洋的な単線発展モデルよりも人間と自然生態系との相互作用による地域固有の発展として理解することがふさわしい。本書では、生態史を概観し、人間と自然生態系の関係である「生業」に着目するとともに、近年の重要な論点や現代トピックを整理し、将来の課題を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生態史で地域を理解する(東南アジア大陸部の生態史
  • 東南アジア島嶼部の生態史)
  • 第2部 生業から地域の将来像を描く(人類を支えてきた狩猟採集
  • 新たな価値付けが求められる焼畑
  • 転換期を迎えた水田稲作
  • 終焉なきフロンティアとしての漁業)
  • 第3部 概念・視点で地域を斬り将来への課題を知る(「くくり」と「出入り」の脱国家論-京都学派とゾミア論の越境対話
  • 政策論と権利論が交錯するコモンズ論
  • 「縁」と「茶色」のエコロジー的近代化論-資源産業における争点と変革プロセス)
  • 第4部 現代的トピックから今後の課題を展望する(森林保全のための国際メカニズム-REDDプラスによる新たな動き
  • 認証制度を通した市場メカニズム
  • 農園農業-マレーシアとインドネシアのゴム農園とアブラヤシ農園
  • 災害対応の地域研究)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東南アジア地域研究入門
著作者等 井上 真
佐藤 仁
内藤 大輔
原田 一宏
古澤 拓郎
寺内 大左
小泉 都
山本 信人
山本 博之
岡本 郁子
柳澤 雅之
横山 智
生方 史数
百村 帝彦
笹岡 正俊
藤田 渡
赤嶺 淳
書名ヨミ トウナン アジア チイキ ケンキュウ ニュウモン
書名別名 環境

Tonan ajia chiki kenkyu nyumon
巻冊次 1
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2017.2
ページ数 345p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7664-2394-5
NCID BB23237735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22860771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想