東アジアの平和と和解

山本俊正 編著 ; 関西学院大学キリスト教と文化研究センター 編

[目次]

  • 第1部 東アジアの平和と和解(東アジアの平和-「安保法制」以降の日・中・韓関係の課題と展望
  • 東アジアの和解とレイシズム-ヘイトスピーチを支える日本社会を問う)
  • 第2部 キリスト教と市民社会の役割(東アジアの和解と平和-日韓キリスト教史の視点から
  • 東アジアの和解-WCC(世界教会協議会)第10回総会(釜山・韓国)報告
  • 平和の課題とキリスト教における宣教論の新たな展開
  • カトリック信徒から見たWCC(世界教会協議会)
  • 日本の軍事力・平和力・市民力と東アジアにおける平和構築-靖国参拝と憲法九条改正も踏まえて
  • 東アジアの平和と憲法九条・キリスト教非暴力思想の可能性)
  • 第3部 中国と朝鮮半島における歴史とトラウマの克服(日帝植民地期は朝鮮人の健康にどのような影響を及ぼしたのか-植民地近代化論の虚と実
  • 〓(とう)小平理論の宗教観
  • トラウマ理解と平和構築-東アジアにおける歴史的トラウマの克服)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの平和と和解
著作者等 山本 俊正
李 鍾元
関西学院大学キリスト教と文化研究センター
書名ヨミ ヒガシアジア ノ ヘイワ ト ワカイ : キリストキョウ エヌジーオー シミン シャカイ ノ ヤクワリ
書名別名 キリスト教・NGO・市民社会の役割
出版元 関西学院大学出版会
刊行年月 2017.3
ページ数 218p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86283-235-1
NCID BB23339032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22866587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想