あのひとたちの背中

重松清 著

ずっと、ずーっと、いつも見ていた、追いかけていた、憧れのひと-。作家、映画監督、脚本家など各界の第一線で常に"次作が待ち望まれている"13人の人物ドキュメンタリー&対談集。生い立ちから死生観まで本音を引き出す。単行本『この人たちについての14万字ちょっと』を改題し、未収録の4人が新たに加わった完全版!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 狂気の流儀(伊集院静)
  • 漂い、さまよう死者とともに(池澤夏樹)
  • 巨大なるマイナー(浦沢直樹)
  • 一万日で一万冊+α(鈴木成一)
  • テレビよ、おまえは-。(是枝裕和)
  • 想像力はしぶといぜ、とDJは言った。(いとうせいこう)
  • 深くあきらめたひとの、なおあきらめない思い(山田太一)
  • 物語の中の少年(赤川次郎)
  • 負け犬、オン・ザ・ラン(酒井順子)
  • そこにも人生はあるだろう。(ちばてつや)
  • 我々はどこから来て、どこへ帰る?(吉岡忍)
  • 家路にともる、灯りのように(木皿泉)
  • バトンを渡された者として(北村薫)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あのひとたちの背中
著作者等 重松 清
書名ヨミ アノ ヒトタチ ノ セナカ
書名別名 Ano hitotachi no senaka
シリーズ名 文春文庫 し38-15
出版元 文藝春秋
刊行年月 2017.3
ページ数 402p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-790816-4
NCID BB23317368
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22863402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想