パウル・クレーの芸術 : その画材と技法と

西田秀穂 著

「大人の童話」を、作品の「画材と技法」その組合せを手掛かりに読み解いていく、新しいクレー論の試み。クレーの制作過程を具体例にした「絵画技法書」でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 初期の線描画(1893年〜1902年)
  • 新たな線描画のジャンル「銅版画」の制作(1903年〜1906年)
  • 「ガラス絵」から明暗の"階調"へ
  • ミュンヘンにおける芸術家仲間との出会い-「青騎士」誌の画家たちと"キュビズム"との接触
  • チュニジア旅行
  • 戦場に狩り出された画家たち
  • ふたたびミュンヘンにて-フランツ・マルク追憶
  • 油彩画への道
  • ヴァイマールのバウハウスへ
  • 「私が、私のスタイルなのだ」
  • バウハウス時代およびそれ以後の作画構成の主たるものの分類
  • ナチスの芸術政策とパウル・クレー
  • ベルンでの晩年の制作活動
  • 1940年の制作-生と死の間にて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パウル・クレーの芸術 : その画材と技法と
著作者等 西田 秀穂
書名ヨミ パウル クレー ノ ゲイジュツ : ソノ ガザイ ト ギホウ ト
書名別名 Pauru kure no geijutsu
出版元 東北大学出版会
刊行年月 2001.6
ページ数 250p
大きさ 26cm
ISBN 4925085360
NCID BA52627816
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20252236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想