「自白」はつくられる

浜田寿美男 著

なぜ"冤罪"という過ちは起こるのか。40年にわたり冤罪事件に向き合ってきた「心理学者」が、被疑者の「渦中の視点」から自白の意味を読み解く途を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 終わらない「事件」たちとの出会いから
  • 第1部 「事件」を語ることばの世界(「事件」に迫る心理学を模索して
  • 語りの臨場モデル)
  • 第2部 「自白」の謎に出会う(冤罪事件の最大の暗部である虚偽自白
  • 犯人を演じる-「賢いハンス」現象)
  • 第3部 虚偽自白の罠を解く(虚偽自白の根にある対話
  • 自白的関係に抱き込まれた語り
  • もう一つの虚偽自白-真犯人もまた虚偽の自白に落ちる)
  • 第4部 「事実認定学」のために(日本型「精密司法」の悪弊
  • 冤罪事件に終わりはない)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「自白」はつくられる
著作者等 浜田 寿美男
書名ヨミ ジハク ワ ツクラレル : エンザイ ジケン ニ デアッタ シンリ ガクシャ
書名別名 冤罪事件に出会った心理学者

Jihaku wa tsukurareru
シリーズ名 叢書・知を究める 10
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2017.2
ページ数 280p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-07994-0
NCID BB23256478
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22862815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想