憲法改正とは何だろうか

高見勝利 著

憲法改正とは最高法規である憲法を変更する最高の権力作用だ。改正による体制転換のシナリオの考察からその帰結を抉り出す。現憲法の改正規定第九六条の成立過程をたどり、歴代首相の封印を解いた戦後六〇年の「改正手続法」の問題点と、安倍首相の憲法観の危うさまでを論じる。およそ憲法改正を議論するには必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 憲法を変えるとはどういうことか(憲法の安定性をどう考えるか
  • 主権者をめぐる理論
  • 憲法改正は最高の権力作用
  • 改正規定の改正は可能か)
  • 第2章 憲法改正規定はどのようにして作られたか(天皇から国民へ-憲法改正問題
  • マッカーサー草案と第九六条)
  • 第3章 憲法改正手続法はどのようにして作られたか(なぜ、遅れたのか-歴代首相の封印
  • 憲法第九条改正論と手続法整備論がワンセット
  • 安倍首相の手で)
  • 第4章 憲法改正手続の何が問題か(国民投票をどう設計するか
  • 国民投票運動の自由と制限
  • 改正の発議は
  • 改正の効力は)
  • 第5章 憲法改正にどう向き合うか-安倍首相の憲法観と立憲主義(権力分立原理が欠落すると
  • 危険きわまりない改憲論者)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法改正とは何だろうか
著作者等 高見 勝利
書名ヨミ ケンポウ カイセイ トワ ナンダロウカ
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1645
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.2
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431645-9
NCID BB23118871
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22864466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想