20世紀ロシア思想史

桑野隆 著

革命の熱狂のなかで日常の変革を夢みた未来派とアヴァンギャルド運動。弁証法と唯物論によってソヴィエト哲学を確立していく革命家たち。亡命の地で霊性による哲学を問いつづけた宗教哲学者たち。言語の構造や、記号とイデオロギーの関係性に着目し、新たな芸術批評・社会批判を展開していったフォルマリズム、バフチン・サークル、モスクワ・タルトゥ学派。全体主義文化と言語中心主義をポストモダニズム批評で鋭く分析する「余白の哲学」グループ-。20世紀ロシアの豊饒な思想の森にわけ入り、その全貌を通史としてコンパクトに示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 バフチン-「ロシア哲学」の外の思想
  • 第2章 実証主義を超えて
  • 第3章 「ポスト宗教」思想
  • 第4章 言語思想-フィロソフィーとフィロロジー
  • 第5章 革命思想
  • 第6章 ソヴィエト哲学の確立
  • 第7章 雪解け時代の新潮流
  • 第8章 ポストソ連思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20世紀ロシア思想史
著作者等 桑野 隆
書名ヨミ ニジッセイキ ロシア シソウシ : シュウキョウ カクメイ ゲンゴ
書名別名 宗教・革命・言語
シリーズ名 岩波現代全書 099
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.2
ページ数 248,10p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029199-6
NCID BB23098526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22864551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想