会社事業承継の実務と理論

山下眞弘 著

団塊の世代が直面する事業承継を円滑に進めるための留意点とは?研究者・弁護士として第一線で活躍する著者の手になる本格的な理論実務書。各章に要旨と参考文献を掲げ、実務上の留意点を簡潔に示す。会社法、相続法、租税法、労働法、信託法等の多分野にまたがる会社事業承継問題を縦横に論じる。弁護士、司法書士、行政書士、会計士、税理士、社労士、企業法務部にとって重要な判例・学説を漏れなく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 相続と中小企業の事業承継-実務上の留意点と法務
  • 第2章 事業譲渡に関する会社法規制
  • 第3章 事業の重要な一部譲渡
  • 第4章 会社分割・事業譲渡の接近化
  • 第5章 商号続用責任規制の解釈論と立法論
  • 第6章 会社分割における債権者保護-平成26年会社法改正前の議論
  • 第7章 株式・現金・預貯金・国債・投信受益権の相続
  • 第8章 非公開会社の株式相続と会社法
  • 第9章 事業譲渡・会社分割と労働契約
  • 第10章 事業承継と信託の活用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会社事業承継の実務と理論
著作者等 山下 眞弘
書名ヨミ カイシャ ジギョウ ショウケイ ノ ジツム ト リロン : カイシャホウ ソウゾクホウ ソゼイホウ ロウドウホウ シンタクホウ ノ コウサク
書名別名 会社法・相続法・租税法・労働法・信託法の交錯
出版元 法律文化社
刊行年月 2017.2
ページ数 181p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-589-03811-1
NCID BB23086902
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22860079
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想