ウニはすごいバッタもすごい

本川達雄 著

ハチは、硬軟自在の「クチクラ」という素材をバネにして、一秒間に数百回も羽ばたくことができる。アサリは天敵から攻撃を受けると、通常の筋肉より25倍も強い力を何時間でも出し続けられる「キャッチ筋」を使って殻を閉ざす-。いきものの体のつくりは、かたちも大きさも千差万別。バッタの跳躍、クラゲの毒針、ウシの反芻など、進化の過程で姿を変え、武器を身につけたいきものたちの、巧みな生存戦略に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サンゴ礁と共生の世界-刺胞動物門
  • 第2章 昆虫大成功の秘密-節足動物門
  • 第3章 貝はなぜラセンなのか-軟体動物門
  • 第4章 ヒトデはなぜ星形か-棘皮動物門1
  • 第5章 ナマコ天国-棘皮動物門2
  • 第6章 ホヤと群体生活-脊索動物門
  • 第7章 四肢動物と陸上の生活-脊椎動物亜門

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウニはすごいバッタもすごい
著作者等 本川 達雄
書名ヨミ ウニ ワ スゴイ バッタ モ スゴイ : デザイン ノ セイブツガク
書名別名 デザインの生物学
シリーズ名 中公新書 2419
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.2
ページ数 321p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102419-0
NCID BB23084226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22857840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想