公務員制度の法理論

下井康史 著

日本とフランスの公務員法を、「公務員の勤務条件決定システム」「身分保障」「多様な公務員と公務員制度の射程」という3つの視点から詳細に比較・分析した本格的研究書。日仏比較がもたらす大きな示唆を明らかにし、公務員制度改革の今後のあり方を探る。行政法と労働法を架橋する、公務員法研究の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 公務員の勤務条件決定システム(フランス法
  • 日本法)
  • 第2編 身分保障(フランス法-官職分離原則の身分保障機能
  • 日本法)
  • 第3編 多様な公務員と公務員制度の射程(フランス法
  • 日本法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公務員制度の法理論
著作者等 下井 康史
書名ヨミ コウムイン セイド ノ ホウリロン : ニチフツ ヒカク コウムインホウ ケンキュウ
書名別名 日仏比較公務員法研究

Komuin seido no horiron
シリーズ名 行政法研究双書 33
出版元 弘文堂
刊行年月 2017.2
ページ数 327p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-335-31506-0
NCID BB23094809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22856472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想