土方巽

宇野邦一 [著]

身体は何をなしうるのか-「肉体の叛乱」から「衰弱体」にいたる創造の軌跡をたどり、驚異の書『病める舞姫』を読みとく。晩年の舞踏家と交流した著者による哲学的肖像にして土方論の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 やや哲学的な肖像(土方巽の生成
  • いくつかの問い
  • 舞踏の書、死者の書
  • 土方巽とアルトーはどこで出会うのか
  • 封印された演劇)
  • 2 土方巽の謎(『肉体の叛乱』まで
  • 前衛か技術か
  • 中西夏之のほうから
  • 三島由紀夫という同時代人
  • 『病める舞姫』以前
  • 『舞姫』あるいは兆候
  • 舞踏論のためのノート)
  • 付録(死と舞踏家
  • まだ踊りつづける人に
  • スイカを食べる
  • 言葉と脱ヒューマニズム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土方巽
著作者等 宇野 邦一
書名ヨミ ヒジカタ タツミ : スイジャクタイ ノ シソウ
書名別名 衰弱体の思想

Hijikata tatsumi
出版元 みすず書房
刊行年月 2017.2
ページ数 260p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-08568-3
NCID BB23197765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22854943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想