とめられなかった戦争

加藤陽子 著

なぜ戦争の拡大をとめることができなかったのか、なぜ敗戦の一年前に戦争をやめることができなかったのか。歴史の流れを決定づけた満州事変、日中戦争、日米開戦、サイパン陥落。この4つのターニングポイントから、歴史をさかのぼり、戦争へと突き進んだ激動の昭和を、人々の思いが今なお染みついた土地と史料から考えていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 敗戦への道-1944年(昭和19年)(西太平洋の小さな島々
  • 緒戦の大勝、そして暗転 ほか)
  • 第2章 日米開戦決断と記憶-1941年(昭和16年)(国力と精神力
  • 「泥沼」からの脱出めざして南進へ ほか)
  • 第3章 日中戦争長期化の誤算-1937年(昭和12年)(長江をさかのぼって
  • 自衛と膺懲 ほか)
  • 第4章 満州事変暴走の原点-1933年(昭和8年)(「起こった」と「起こされた」
  • 「満蒙」の誕生 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 とめられなかった戦争
著作者等 加藤 陽子
書名ヨミ トメラレナカッタ センソウ
シリーズ名 文春文庫 か74-1
出版元 文藝春秋
刊行年月 2017.2
ページ数 181p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-790800-3
NCID BB23065618
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22849819
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想