黄金の時刻(とき)の滴り

辻邦生 [著]

夢中で読んできた小説家や詩人の生きた時に分け入り、その一人一人の心を創作へと突き動かし、ときに重苦しい沈黙を余儀なくさせてきた思いの根源に迫る十二の物語。それは"黄金の時刻"である現在を生きる喜びを喚起し、あるいは冥府へと下降していく作家の姿を描き出す。永遠の美の探求者が研き上げた典雅な文体で紡ぎ出す、瑞々しい詩情のほとばしる傑作小説集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黄金の時刻(とき)の滴り
著作者等 中条 省平
辻 邦生
書名ヨミ オウゴン ノ トキ ノ シタタリ
書名別名 黄金の時刻の滴り
シリーズ名 講談社文芸文庫 つC2
出版元 講談社
刊行年月 2017.1
ページ数 441p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290343-1
NCID BB22853267
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22848853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想