ペスタロッチ : その生涯と理念

パウル・ナトルプ 著 ; 乙訓稔 訳

本書は三章から成っていて、第一章はペスタロッチの生立ちと終焉に至るまでの彼の社会的、政治的、教育的な活動や著作を簡潔ではあるが詳細にナトルプが論じ、第二章はペスタロッチの教育思想の原理を教育学として体系化し、第三章ではペスタロッチの教育思想を具体的な教授の方法原理にまで明解にナトルプが論及している。内容的にはナトルプの「ペスタロッチ論」の総括の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ペスタロッチの生涯の歩みとその理念の発展史(青少年期
  • ノイホーフにおける救貧施設
  • 『夕暮』 ほか)
  • 第2章 ペスタロッチ教育学の諸原理(ペスタロッチ教育学の体系の課題
  • ペスタロッチ教育学の根本原理とその契機
  • 自発性の原理 ほか)
  • 第3章 ペスタロッチ教育学の実際(教育法の分類
  • 技術のABC)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ペスタロッチ : その生涯と理念
著作者等 Natorp, Paul Gerhard
乙訓 稔
Natorp Paul
ナトルプ パウル
書名ヨミ ペスタロッチ : ソノ ショウガイ ト リネン
書名別名 Pestalozzi

Pesutarocchi
出版元 東信堂
刊行年月 2000.7
ページ数 187p
大きさ 22cm
ISBN 4887133642
NCID BA48607688
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20184074
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想