龍馬の生きざま

阿井景子, 安部龍太郎, 大岡昇平, 北原亞以子, 新宮正春, 津本陽, 伴野朗, 隆慶一郎 著 ; [末國善己] [編]

1867年、京の近江屋で暗殺された龍馬。尊皇攘夷の嵐が吹き荒れる幕末、いち早く海外貿易の重要性を指摘し、私設海軍にして貿易会社の海援隊を組織するなど、その先見性と行動力は評価され、今も人気を誇る。妻・お龍、姉・乙女、暗殺犯・今井信郎、人斬り以蔵らが見た、真実の姿とは。龍馬の生涯に新たな光を当てた、豪華作家陣が描く傑作歴史・時代作品集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 龍馬の生きざま
著作者等 大岡 昇平
安部 竜太郎
末國 善己
阿井 景子
隆 慶一郎
安部 龍太郎
書名ヨミ リョウマ ノ イキザマ
シリーズ名 実業之日本社文庫 ん2-8
出版元 実業之日本社
刊行年月 2017.2
ページ数 341p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-408-55345-0
全国書誌番号
22848082
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想