認識論から存在論へ

湯浅愼一 著

[目次]

  • 第1部 古代は知性を信頼する(知の種類
  • 哲学の始まり)
  • 第2部 中世は信仰と知性の調和を目指す(トーマス・アキナス(1225‐1274)の哲学
  • ウィリアム・オッカム(1300‐1349))
  • 第3部 近代は人間の理性による自己保証を求める(確実性を求めて
  • イマヌエル・カント(1772‐1804)主観主義の完成)
  • 第4部 ドイツ観念論はフランス革命にどのように反応したか(ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ(1762‐1811)
  • フリートリッヒ・ウィルヘルム・シェリング(1775‐1854)
  • ゲオルク・ウィルヘルム・フリートリッヒ・ヘーゲル(1770‐1831))
  • 第5部 主観的主知主義から存在論へ-ひとつのポストモダン(ハイデッガー(1889‐1976)入門(『存在と時間』)
  • 関心の構造分析-カントの範疇表に代えて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認識論から存在論へ
著作者等 湯浅 慎一
湯浅 愼一
書名ヨミ ニンシキロン カラ ソンザイロン エ : ワカリヤスイ テツガク ニュウモン
書名別名 わかりやすい哲学入門

Ninshikiron kara sonzairon e
出版元 晃洋書房
刊行年月 2017.1
ページ数 125p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7710-2795-4
NCID BB23109123
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22941100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想