石川博 編

日本人はウナギを、ご馳走であり、生態は謎で、人に祟ることもある妖しい生き物、と捉えて来た。本書ではそれぞれの側面を描いた作品を集めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ウナギはおいしい(万葉の鰻(大伴家持)
  • 鰻(南方熊楠)
  • 後生鰻(五代目古今亭志ん生)
  • 鰻(原石鼎)
  • ごん狐(新美南吉)
  • 海と鰻(小川国夫)
  • 鰻のなかのフランス(中平解))
  • 2章 ウナギは不可解(詩 鰻(北原白秋)
  • 魚王行乞譚(柳田国男)
  • 赤道祭(火野葦平))
  • 3章 ウナギはおそろしい(狂歌・狂詩(大田南畝(蜀山人、四方赤良))
  • 魚妖(岡本綺堂)
  • 東京日記(内田百〓(けん))
  • 海鰻荘奇談(香山滋))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名
著作者等 中平 解
内田 百間
北原 白秋
南方 熊楠
原 石鼎
古今亭 志ん生
大伴 家持
大田 南畝
小川 国夫
岡本 綺堂
新美 南吉
柳田 国男
火野 葦平
石川 博
香山 滋
書名ヨミ ウナギ
書名別名 eel
シリーズ名 紙礫 5
出版元 皓星社
刊行年月 2017.2
ページ数 283p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7744-0623-7
NCID BB23692527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22849686
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想