紙と人との歴史

アレクサンダー・モンロー 著 ; 御舩由美子, 加藤晶 訳

その発明以来、様々な思想や宗教の運び手となり、東は仏教と共に朝鮮半島を経て日本へ、西はコーランと共にイスラム、アラブを経てヨーロッパへ。聖書も文学も楽譜も、そして政治的声明も、紙が伝えて世界に広がった。メディアとしての紙のあゆみをドラマチックに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 紙の来た道をたどる マルコポーロが見た紙
  • 文字・粘土板・パピルス
  • 古代中国の文書
  • 紙の起源
  • 中央アジアの発掘から
  • 東アジアを席捲する紙 文と仏教と紙
  • 紙と政治
  • 中国からアラビアへ
  • 書物を愛でる者たち
  • 本を築く
  • 新しい音楽
  • バグダードからもたらされた紙と学問
  • 大陸の分断
  • ヨーロッパを翻訳する
  • 新たな対話
  • 大量に印刷する
  • 消えゆく軌跡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紙と人との歴史
著作者等 Monro, Alexander
加藤 晶
御舩 由美子
モンロー アレクサンダー
書名ヨミ カミ ト ヒト トノ レキシ : セカイ オ ウゴカシタ メディア ノ モノガタリ
書名別名 THE PAPER TRAIL

世界を動かしたメディアの物語
出版元 原書房
刊行年月 2017.2
ページ数 448,9p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-562-05369-8
NCID BB22982645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22849939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想