『大乗起信論』を読む

竹村牧男 著

空・唯識・如来蔵思想からなる珠玉の名作を読み解く。宗派・時代を問わず多くの人々を魅了してきた大乗仏教の綱要書を、法相唯識の教理と対照させて、一心二門三大四信五行からなる独自の体系をわかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『大乗起信論』について
  • 第2章 三宝への帰依-序分
  • 第3章 書かれた理由と主旨-正宗分(一)
  • 第4章 正しい教えを明かす(一)-正宗分(二)
  • 第5章 正しい教えを明かす(二)-正宗分(三)
  • 第6章 誤りを正し、覚りの道へ進む-正宗分(四)
  • 第7章 信心のあり方と修行の功徳-正宗分(五)・流通分

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『大乗起信論』を読む
著作者等 竹村 牧男
書名ヨミ ダイジョウ キシンロン オ ヨム
書名別名 Daijo kishinron o yomu
シリーズ名 大乗起信論
出版元 春秋社
刊行年月 2017.1
ページ数 272p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-11341-7
NCID BB2314833X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22847750
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想