一歩前へ出る司法

泉徳治 著 ; 渡辺康行, 山元一, 新村とわ 聞き手

裁判所が日本社会を動かす歯車の一つになるように-。裁判所の要職を歴任した元最高裁判事が、憲法学者を聞き手に、戦後の司法を語りつくす。次の世代に渡すべき日本の姿を語る言葉から、いま裁判所が果たすべき役割が鮮やかに浮かぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 法曹になるまで
  • 2 地裁時代、留学、「司法の危機」の時代
  • 3 最高裁調査官時代
  • 4 最高裁事務総局時代
  • 5 最高裁判事時代
  • 6 退官後
  • 7 最高裁の歴史
  • 8 司法制度改革の成否と将来への提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一歩前へ出る司法
著作者等 山元 一
新村 とわ
泉 徳治
渡辺 康行
書名ヨミ イッポ マエ エ デル シホウ : イズミ トクジ モト サイコウサイ ハンジ ニ キク
書名別名 泉徳治元最高裁判事に聞く
出版元 日本評論社
刊行年月 2017.1
ページ数 344p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-535-52219-0
NCID BB22973531
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22850761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想