火山列島・日本で生きぬくための30章

夏緑 著 ; 末藤久美子 絵

日本列島は火山列島だ。火山活動によって日本列島は今のすがたになり、さまざまな生命がうまれた。はるか昔から人は火山をおそれ、火山をうやまい、火山からの恵みを受けて生きてきた。火山のなりたちや噴火のしくみを知り、災害から自分や大切な人のいのちを守る知識を学ぼう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の常時観測火山50
  • 1 生きている火山(奈良時代の書物に火山の記録がある
  • 日本神話に噴火予知のヒントがある
  • 白い山はおにぎり形 黒い山はパンケーキ形 ほか)
  • 2 さまざまな火山のすがた(地球の中身は輝く緑の宝石だ
  • ホットプルームが火山をつくる
  • 地球の表面は動くパズルだ ほか)
  • 3 火山とともに生きる(山小屋に布をはると火山シェルターになる
  • 火山灰には毒がある
  • 富士山の噴火で首都圏は停止する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 火山列島・日本で生きぬくための30章
著作者等 なつ みどり
夏 緑
末藤 久美子
書名ヨミ カザン レットウ ニホン デ イキヌク タメ ノ サンジッショウ : レキシ フンカ ゲンサイ
書名別名 歴史・噴火・減災

Kazan retto nihon de ikinuku tame no sanjissho
出版元 童心社
刊行年月 2017.1
ページ数 87p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-494-00550-5
NCID BB23077093
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22848174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想