仏教の大意

鈴木大拙 [著]

人は、耐え難い苦しみや大きな悲しみの経験なくして、本当の慰めと平和に至ることはできない-「大智」と「大悲」の導きで現れる「霊性」を生きることの意味とは何か。知性や理性だけでは到達できないその世界こそが、仏教の精髄へと繋がっている。キリスト教的概念や華厳仏教など独自の視点を交えつつ、困難な時代を生きる実践学としての仏教、霊性論の本質を説く講義録。『日本的霊性』と対をなす名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 大智
  • 第2講 大悲

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仏教の大意
著作者等 鈴木 大拙
書名ヨミ ブッキョウ ノ タイイ
書名別名 Bukkyo no tai
シリーズ名 角川ソフィア文庫 H101-4
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2017.1
ページ数 158p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-400224-4
NCID BB23261740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22843743
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想