ルポ思想としての朝鮮籍

中村一成 著

「朝鮮籍」とは何か、なぜそれにこだわってきたのか。6人の生き方とその思想-在日から照射する戦後70年史が浮かび上がる。渾身の人物ルポルタージュ!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「国民国家」の捨て子-高史明
  • 2 民族教育への尽きぬ思い-朴鐘鳴
  • 3 最後の『ヂンダレ』残党-鄭仁
  • 4 子どもたちに民族の心を-朴正恵
  • 5 在日朝鮮人被爆者の解けぬ怒り-李実根
  • 6 文学は政治を凌駕する-金石範

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルポ思想としての朝鮮籍
著作者等 中村 一成
朴 正恵
朴 鐘鳴
李 実根
鄭 仁
金 石範
高 史明
書名ヨミ ルポ シソウ ト シテ ノ チョウセンセキ
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.1
ページ数 225p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-061178-7
NCID BB22971172
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22853080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想