歌舞伎に行こう!

船曳建夫 著

歌舞伎は日本文化のスープである。役者にぞっこんはまったり、上手い!下手くそ!と叫んだり、魅力があると喜んだり、魅力なしと声高に罵ったり、笑ったり、涙ぐんだり…そしてちょっといい気分に、生きているのが少し楽しいと思えるようになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序幕 生きているのが少し楽しくなる
  • 第1幕 歌舞伎を一度は見なくては
  • 第2幕 来月、行くことになった
  • 第3幕 歌舞伎見物の日が来た
  • 第4幕 幕が開いた
  • 第5幕 幕が閉まった
  • 第6幕 歌舞伎見物が終わった
  • 第7幕 歌舞伎の三つの謎-よくある質問
  • 第8幕 伝統とは何か
  • 終幕 歌舞伎の魅力にずぶずぶ溺れてください

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌舞伎に行こう!
著作者等 船曳 建夫
書名ヨミ カブキ ニ イコウ : テトリ アシトリ ハジメ カラ
書名別名 手とり足とり、初めから

Kabuki ni iko
出版元 海竜社
刊行年月 2017.1
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7593-1520-2
NCID BB22961339
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22845233
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想