京女の噓

井上章一 著

「かんにん」は男を舞い上がらせる。史上初の美人コンテストは平安時代に開催された。京美人には秋田美人の気迫、新潟美人の悲哀が感じられない。京女は3B、同女は3K。かつて女子大は姥捨て山だった。なぜ日本人はうなじと脚首に色気を感じられるのか?ミス・ユニバースの美の基準はどこにあるのか?ベストセラー『京都ぎらい』の著者待望の新刊!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 京女の嘘
  • 第2章 「美人」今昔物語
  • 第3章 「美人」東西物語
  • 第4章 「美人」という言葉に、まどわされ
  • 第5章 誰がいちばんきれいなの
  • 第6章 かしこい女、それともきれいな女

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京女の噓
著作者等 井上 章一
書名ヨミ キョウオンナ ノ ウソ
書名別名 Rumors about a Kyoto Woman
シリーズ名 京都しあわせ倶楽部
出版元 PHP研究所
刊行年月 2017.1
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-83475-7
NCID BB22820687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22841545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想