キオスクのキリオ

東直子 著

とある郊外の駅のキオスクに勤めるキリオは関西弁の中年男。彼は訪れるさまざまな人と、「袖すり合うも多生の縁」を持ってしまう不思議な男だ。本人にはその気が無いのに、結果としてはなぜか人生相談になり、妙に深い関わりを持つことになる。人徳か?脇が甘いのか?文庫化にあたり、『大阪ハムレット』の森下裕美がキリオを描き下ろし。意味深なひと言をじわっと投げかけてくる。連作短篇集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キオスクのキリオ
著作者等 東 直子
書名ヨミ キオスク ノ キリオ
書名別名 Kiosuku no kirio
シリーズ名 ちくま文庫 ひ19-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.1
ページ数 283p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43423-4
NCID BB22823754
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22851034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アジサイコーラ 東 直子
シャボン 東 直子
トラの穴 東 直子
ミルキー 東 直子
夕暮れ団子 東 直子
時の煮汁 東 直子
空の中 東 直子
行方不明見届人 東 直子
調合人 東 直子
迷いへび 東 直子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想