ダーラナの地主館奇談

セルマ・ラーゲルレーヴ 著 ; 松岡尚子 訳

強烈なストレスから精神錯乱を来した青年が、少女のひたむきな愛の力でようやく心の闇から抜け出すという、いわば青年の心の旅路が物語のテーマとなっている。しかし単に、夢想、狂気、現実が渾然一体となった幻想的奇談というだけではない。病んだ心を癒す、という難問に対する一人の娘の真摯な取り組みは、今の時代にもそのまま通じる問題のように思われる。スウェーデンの中西部ダーラナ地方とヴェルムランド地方を主な舞台に、1830年代末という時代設定のもとに書かれた、郷土色豊かな物語である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダーラナの地主館奇談
著作者等 Lagerlöf, Selma
松岡 尚子
Lagerl¨of Selma
ラーゲルレーヴ セルマ
書名ヨミ ダーラナ ノ ジヌシカン キダン
書名別名 Eine Herrenhofsage

En herrgårdssägen. (重訳)
出版元 日本図書刊行会 : 近代文芸社
刊行年月 2001.5
ページ数 179p
大きさ 20cm
ISBN 4823106407
NCID BA52619206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20157063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スウェーデン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想