橋川文三著作集  5

橋川文三 著 ; 神島二郎, 鶴見俊輔, 吉本隆明 編

自らの精神史の究明を通して近代日本の意味を問い続けた思想家の精髄を集成!朝日平吾、北一輝、大川周明らの思想と行動を内在的に分析、近代日本の思想史を再編する論考と、戦争体験を普遍化するための試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 昭和超国家主義の諸相(北一輝と高畠素之
  • 北一輝と大川周明
  • 新官僚の政治思想
  • 末松太平著『私の昭和史』について
  • 敗戦と自刃)
  • 戦争体験論の意味(家の戦争体験
  • 戦争責任を明治憲法から考える
  • 停滞と挫折を超えるもの
  • ある往復書簡
  • 敗戦前後
  • 八・一五紀行
  • 「十三階段」のことなど
  • 幻視の中の「わだつみ会」
  • 戦争世代を支えるもの
  • 井上光晴著『虚構のクレーン』をめぐって
  • 未来からの遺書
  • 野坂昭如著『卑怯者の思想』島尾作品への個人的解説
  • 戦中派とその「時間」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 橋川文三著作集
著作者等 吉本 隆明
橋川 文三
神島 二郎
鶴見 俊輔
書名ヨミ ハシカワ ブンゾウ チョサクシュウ
書名別名 Hashikawa bunzo chosakushu
巻冊次 5
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.2
版表示 増補版
ページ数 371p
大きさ 20cm
ISBN 4480752153
NCID BA49406557
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想