人口ピラミッドがひっくり返るとき : 高齢化社会の経済新ルール

ポール・ウォーレス 著 ; 高橋健次 訳

みんな安心して歳をとりたい。だから、世界中のベビーブーマーが退職の準備を始め、株式投資をしている。そのせいで、アメリカの株が上がった。若者の数が減っている。だから、職場でも平社員の数が少なくなった。そのせいで、中高年の管理職がリストラされた。みんな結婚を遅らせるようになった。だから一人暮らしの人が増えている。そのせいで、家族向けの家が売れない。そして、金融、職場、ビジネスなど、あらゆるもののルールが変わった。今までのやり方では、もう生き残っていけない。幸せに長生きするためにはどうすればいいのか?人口統計から未来を読み解く、高齢化社会サバイバルブック。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 未来を見通す力(未来は人口統計のなかにある
  • 全世界高齢化はこうして起きる)
  • 第2部 新しいルール(人口統計が金融市場を動かす
  • 不動産の新しいルール
  • ビジネスへの新しいルール ほか)
  • 第3部 逃げ道はあるのか(世界経済に何が起きるか
  • 新しい時代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人口ピラミッドがひっくり返るとき : 高齢化社会の経済新ルール
著作者等 Wallace, Paul
高橋 健次
ウォーレス ポール
書名ヨミ ジンコウ ピラミッド ガ ヒックリカエル トキ : コウレイカ シャカイ ノ ケイザイ シンルール
書名別名 Agequake

Jinko piramiddo ga hikkurikaeru toki
出版元 草思社
刊行年月 2001.6
ページ数 301, 9p
大きさ 20cm
ISBN 479421054X
NCID BA52349462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20180065
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想