国際機構論講義

最上敏樹 著

国際機構はなぜ創設され、どのような意義と可能性をもつのか。国際機構という存在を、市民社会の組織を含む多種多様な国際アクターが織りなす組織原理=マルティラテラリズムから読み解いていく。国家中心かつ国連中心であった既存のパラダイムを根本から問い直し、国際機構の本質に歴史的かつ理論的にせまるテキストの決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 国際機構論のパラダイム
  • 第1章 抗争と交流-国際機構の生成と進化
  • 第2章 国際連合
  • 第3章 国連改革
  • 第4章 地域的国際機構
  • 第5章 国際機構創設の動因
  • 第6章 国際機構の構造・機能・意思決定
  • 第7章 国際機構論の方法
  • 第8章 国際機構の理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際機構論講義
著作者等 最上 敏樹
書名ヨミ コクサイ キコウロン コウギ
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.12
ページ数 360p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-022954-8
NCID BB22738316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22841754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想