タブッキをめぐる九つの断章

和田忠彦 著

『インド夜想曲』『レクイエム』などで現代イタリア文学に圧倒的な足跡を刻んだアントニオ・タブッキ。かれの最良の理解者のひとりにして友、そして翻訳者でもある著者が描き出す、タブッキに寄り添って歩んだ"旅"のメモランダム。タブッキの短篇「元気で」、そして1997年に収録されたふたりの対談を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 タブッキの風景を旅して
  • 2 夢の痕跡、夢のほんとう-『夢のなかの夢』
  • 3 ペソアからの航海
  • 4 ピム港の女をめぐって
  • 5 時の認識と虚構をめぐって-『他人まかせの自伝』
  • 6 時の感情を書くことをめぐって-『時は老いをいそぐ』
  • 7 墓碑銘としての手紙-『いつも手遅れ』
  • 8 夢うつつのはざまで-『レクイエム』から『イザベルに』へ
  • 9 眼のひと-タブッキ展によせて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 タブッキをめぐる九つの断章
著作者等 和田 忠彦
書名ヨミ タブッキ オ メグル ココノツ ノ ダンショウ
書名別名 Tabukki o meguru kokonotsu no dansho
シリーズ名 境界の文学
出版元 共和国
刊行年月 2016.12
ページ数 213p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-907986-22-3
NCID BB23178807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22842055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想