藩法史料叢書  2

藩法史料叢書刊行会 編

この叢書は、右に述べた「藩法研究の進展の基礎条件」形成、さらには幕府法を中心とする近世法制史料充実の一助になることを目指している。本巻には、金沢藩の「北藩秘鑑」と「江戸表聞合書類」の二書を収録した。「北藩秘鑑」は、前田家の家譜および制度、典礼を集約的、簡潔に記録したもの、「江戸表聞合書類」は、五代綱吉治世の元禄中期における金沢藩の聞番、御用頼の動向を伺い得る編纂物であり、何れも貴重な史料である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 解題(『北藩秘鑑』解題
  • 『江戸表聞合書類』解題
  • 御用頼の概観
  • 意義に代えて-若干の注目すべき事項)
  • 北藩秘鑑総目
  • 北藩秘鑑
  • 江戸表聞合書類目録
  • 江戸表聞合書類

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藩法史料叢書
著作者等 服藤 弘司
藩法史料叢書刊行会
書名ヨミ ハンポウ シリョウ ソウショ
書名別名 金沢藩

Hanpo shiryo sosho
巻冊次 2
出版元 創文社
刊行年月 2001.2
ページ数 868p
大きさ 22cm
ISBN 4423780526
NCID BA51457335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
金沢藩 服藤 弘司
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想