国家と憲法の正統化について

トーマス・ヴュルテンベルガー 著 ; 畑尻剛 編訳

[目次]

  • 第1部 国家と政治の正統化に関する不可避な問題(歴史上の支配の正統化モデル
  • 歴史的視角における基本法の正統性について)
  • 第2部 憲法国家秩序の保証人としての憲法裁判(憲法の解釈-現実的な考察
  • 憲法裁判官法の正統性
  • 憲法の規範力と憲法の最適な現実化の枠条件)
  • 第3部 自由な政治秩序の条件としての国家行為の受容(行政手続と調停手続における受容マネジメント
  • 法律の受容
  • 裁判所の判決の受容)
  • 第4部 時代精神と法(時代精神と法-問題提起
  • 国民の法意識における揺らぎと変化
  • 時代精神に定位した法の継続的形成の民主的正統性について)
  • 第5部 あらたな挑戦(ドイツ基本法における憲法改正と憲法変遷
  • レジリエンス(復元力)
  • 自由の表現-欧米における政治文化の重要な基礎)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家と憲法の正統化について
著作者等 Würtenberger, Thomas
Würtenberger, Thomas jun.
畑尻 剛
W¨urtenberger Thomas
ヴュルテンベルガー トーマス
書名ヨミ コッカ ト ケンポウ ノ セイトウカ ニ ツイテ : トーマス ヴュルテンベルガー ロンブンシュウ
書名別名 Zur Legitimation von Staat und Verfassung

トーマス・ヴュルテンベルガー論文集
シリーズ名 日本比較法研究所翻訳叢書 75
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2016.12
ページ数 417p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8057-0376-2
NCID BB22739658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22837327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想