芸者と遊び

田中優子 [著]

江戸の志士や明治の文豪たちを魅了した芸者。そもそも彼女たちは何者なのか。いつどのように誕生し、日本文化にどんな影響を与えてきたのか。芸と色といなせな会話。男と女の「粋」と「意気」-そこには、日本固有のサロン文化と、今や失われつつある日本の美の本質があった。花柳界の栄枯盛衰、名妓や遊び等の具体的なエピソードを辿りつつ、芸者の文化と歴史から、日本独特の「人間関係の洗練」を浮き彫りにする傑作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 江戸の芸者とその歴史(踊子から芸者へ
  • 深川芸者の発生と実像
  • 色を売ること売らないこと
  • 幕末の芸者たち)
  • 第2部 明治の芸者…その栄華と終焉(祇園と柳橋
  • 雑魚寝のこと
  • 名妓たち
  • 水揚げのこと
  • 芸者遊びとは何か
  • 日本的サロン文化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸者と遊び
著作者等 田中 優子
書名ヨミ ゲイシャ ト アソビ : ニホンテキ サロン ブンカ ノ セイスイ
書名別名 日本的サロン文化の盛衰

Geisha to asobi
シリーズ名 角川ソフィア文庫 I138-1
出版元 Kadokawa
刊行年月 2016.12
ページ数 195p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-400192-6
NCID BB23348066
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22834006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想