入門!進化生物学

小原嘉明 著

生物はなぜこんなに多様なかたちをしているのか?餌の種類に応じてくちばしの形を変えた鳥、雄が交尾後の雌に貞操帯でフタをするトンボなど、多様な姿や驚きの行動が、どのようにして生起したのかを解説。さらに中立進化説、分子遺伝学や行動生物学といった最新の知見を紹介し、「挑戦する雄」が新たな種を生み出すとの新説や、過剰な適応は絶滅への道であることを提唱する。知的興奮に満ちた生き物好き必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 多種多様な地球生物
  • 第2章 自然淘汰による生物の進化
  • 第3章 進化説の検証
  • 第4章 進化説の発展
  • 第5章 生殖と進化
  • 第6章 利他性の進化
  • 第7章 分子遺伝学が開いた扉
  • 第8章 進化のもうひとつの肖像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門!進化生物学
著作者等 小原 嘉明
書名ヨミ ニュウモン シンカ セイブツガク : ダーウィン カラ ディーエヌエー ガ ヒラク シンセカイ エ
書名別名 ダーウィンからDNAが拓く新世界へ

Nyumon shinka seibutsugaku
シリーズ名 中公新書 2414
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.12
ページ数 271p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102414-5
NCID BB22687747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22837272
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想