ジョイスの迷宮(ラビリンス)

金井嘉彦, 道木一弘 編著

暗がりのなかで手探りすることばがある。「原=肖像」から『スティーヴン・ヒアロー』を経て『肖像』へと至る10年の歳月は、ジョイスがジョイスになるためにくぐり抜けなくてはならない迷宮だった。光と空を、出口を求めて暗がりのなかで紡がれた言葉を、10人の研究者がいま読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ジョイス『若き日の芸術家の肖像』-構成とあらすじ、登場人物相関図
  • 本編(おねしょと住所-流動し、往復する生の地図
  • 『若き日の芸術家の肖像』における音響空間
  • 自伝性と虚構性の再考-『若き日の芸術家の肖像』におけるずれた時間軸の狭間から
  • "我仕えず"、ゆえに我あり-間違いだらけの説教と狡猾なスティーヴン/ジョイスの戦略
  • 盲者の視覚-『若き日の芸術家の肖像』における語りと視覚
  • アクィナス美学論の"応用"に見る神学モダニスト的転回
  • ヴィラネル再考-ジョイスとイェイツの間テクスト性について
  • 象徴の狡知-『若き日の芸術家の肖像』 あるいはジョイス版「実践理性批判」
  • スティーヴンでは書けたはずがなかろう-ヒュー・ケナー『肖像』論における作者ジョイスとスティーヴンの関係性
  • スティーヴンと「蝙蝠の国」-『若き日の芸術家の肖像』における「アイルランド性」)
  • 附編(『若き日の芸術家の肖像』を読むための二一項
  • フォトエッセイ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジョイスの迷宮(ラビリンス)
著作者等 道木 一弘
金井 嘉彦
書名ヨミ ジョイス ノ ラビリンス : ワカキ ヒ ノ ゲイジュツカ ノ ショウゾウ ニ ハマル ホウホウ
書名別名 ジョイスの迷宮

『若き日の芸術家の肖像』に嵌る方法

Joisu no rabirinsu
シリーズ名 若き芸術家の肖像
Japanese James Joyce Studies
出版元 言叢社
刊行年月 2016.12
ページ数 302,38p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86209-062-1
NCID BB22680249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22927155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想