ブルマーの謎

山本雄二 著

ブルマーはなぜ広まり、定着したのか-綿密な資料探索と学校体育団体やメーカーへの聞き取り調査を通して、ブルマー普及の足取りを追う。ブルマーは導入当初から性的なまなざしにさらされてきた。にもかかわらず、学校現場で存続してきた「謎」を解き明かし、戦後日本の女性観の変容と軋轢を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブルマーの謎と来歴
  • 第2章 密着型ブルマーの普及と風説
  • 第3章 中体連とブルマー
  • 第4章 全国中体連の設立と変貌
  • 第5章 密着型ブルマーの普及過程
  • 第6章 密着型ブルマー受容の文化的素地
  • 第7章 密着型ブルマーの消滅過程
  • 第8章 ブルマーの時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブルマーの謎
著作者等 山本 雄二
書名ヨミ ブルマー ノ ナゾ : ジョシ ノ シンタイ ト センゴ ニホン
書名別名 〈女子の身体〉と戦後日本
出版元 青弓社
刊行年月 2016.12
ページ数 201p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7872-3410-0
NCID BB22761329
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22829528
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想