日本経済の宿題 : 「失った10年」を超えて

土志田征一 著

かくして、国を愛する多くの日本人は「出口なしの閉塞感」と「何かしなければという焦燥感」に追われることになっている。こうした現状になったのは、問題をしっかり把握して解決を図ってこなかったことの結果であって、いわば、宿題が山積みになった新学期始業式の小学生の心境なのである。もう一度、日本経済が直面している問題を元からときほぐして認識し、順序を追って解決していかなければならない。どこで何を間違ったのか-俗論を排し、核心を突くエコノミストの分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 成長しないと倒れる構造-日本経済の歴史的宿題
  • 第2章 経済史を飾る愚行か-バブルの発生と崩壊
  • 第3章 国を憂いて踏み外す-97年改革の失敗
  • 第4章 もがいても見えない世紀末-「なんでもあり政策」の帰結
  • 第5章 兎の逃げ足は速い-財政構造改革待ったなし
  • 第6章 金がすべての世の中か-「がんばれ日銀」の限界
  • 第7章 グローバルに生きる-競争力回復の道
  • 第8章 日本は21世紀に輝くか-日本経済改造私案

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済の宿題 : 「失った10年」を超えて
著作者等 土志田 征一
書名ヨミ ニホン ケイザイ ノ シュクダイ : ウシナッタ 10ネン オ コエテ
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2001.5
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 4478231141
NCID BA52176364
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20178166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想