新市民革命入門

長坂寿久 著

[目次]

  • 第1章 日本のNPOセクターとチャリティ度(東日本大震災に「日本人」はどのように反応したか
  • 日本のNPOセクターはなぜ欧米先進国に比べ小さいのか)
  • 第2章 日本が普通の「くに」になるために、公共圏を取り戻そう!(「公共」とは何か-国家哲学の喪失
  • 日本にはなぜ「公共」圏が存在しないのか
  • 自民党の日本国憲法改正草案に隠されたカラクリとは
  • 世界は公共圏の再生を目指してどのように動いているか
  • 公共論を掲げた横井小楠とは)
  • 第3章 オランダモデルへ向けて-二一世紀の民主主義改革モデルとして(二一世紀の民主主義改革はどこへ行くのか
  • オランダモデルを形成するために)
  • 第4章 リローカリゼーションの時代へ-地域循環型経済と暮らしへの道("リローカリゼーション(地域回帰)"とは何か
  • 世界に広がるリローカリゼーション運動
  • 経済のローカリゼーションは何をもたらすか
  • 地域内循環型経済へ向けて-レジリエンス(復元力)とリエコノミー(経済の再構成)とSDGs)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新市民革命入門
著作者等 長坂 寿久
書名ヨミ シン シミン カクメイ ニュウモン : シャカイ ト カカワリ クニ オ カエル タメ ノ コウキョウ テツガク
書名別名 社会と関わり「くに」を変えるための公共哲学
出版元 明石書店
刊行年月 2016.11
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7503-4432-4
NCID BB22648370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22825529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想