「子ども銀行」の社会史

吉川卓治 著

国家の思惑に翻弄され続けた「学校貯金」・「子ども銀行」。交錯する"教育の論理"と"金融経済の論理"の中で学校教育がになった役割を明かす!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 交錯する教育と金融経済
  • 第1章 学校貯金の構想
  • 第2章 学校貯金の誕生
  • 第3章 「貯金生徒」の増加と切手貯金
  • 第4章 勤倹貯蓄奨励策の展開
  • 第5章 総力戦体制下の学校貯金
  • 第6章 「子ども銀行」の時代
  • 第7章 「子ども銀行」の終焉
  • 終章 「子ども銀行」とは何だったのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「子ども銀行」の社会史
著作者等 吉川 卓治
書名ヨミ コドモ ギンコウ ノ シャカイシ : ガッコウ ト チョキン ノ キンゲンダイ
書名別名 学校と貯金の近現代

Kodomo ginko no shakaishi
出版元 世織書房
刊行年月 2016.11
ページ数 246,4p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-902163-89-6
NCID BB22600691
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22827325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想