昭和演歌の歴史

菊池清麿 著

添田唖蝉坊、鳥取春陽、阿部武雄、大村能章、船村徹、遠藤実…そして、昭和三〇年代から四〇年代にかけて、美空ひばりを頂点にした昭和演歌の隆盛の時代を迎えるまでの、その群像と時代、昭和演歌の歴史を綴る。明治・大正・昭和の日本演歌史年譜(主要ヒット曲一覧入り)付!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 街頭演歌全盛から歌受難の時代
  • 鳥取春陽-演歌師への途
  • 街頭演歌受難の時代
  • 昭和流行歌の新たな潮流
  • 演歌系歌謡曲の台頭
  • 昭和演歌の源流-演歌系歌謡曲の隆盛
  • 艶歌唱法の異色歌手の活躍
  • 戦争中の演歌系歌謡曲
  • 戦後に響く路傍の歌声
  • 昭和演歌隆盛の時代〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和演歌の歴史
著作者等 菊池 清麿
書名ヨミ ショウワ エンカ ノ レキシ : ソノ グンゾウ ト ジダイ
書名別名 その群像と時代
出版元 アルファベータブックス
刊行年月 2016.12
ページ数 485p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86598-023-3
NCID BB22638424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22822158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想