四つのエコロジー

上野俊哉 著

自然、主体感、機械状アニミズム、カオスモーズ、地図作成、リトルネロ…難解なガタリの思想を解きほぐしながら、宇宙へと開かれたその思考の核心と可能性をさぐり来たるべき分子革命としてのエコソフィーを展望する"全‐世界"リゾームの哲学。思考の前線とストリートを往還してきた"思想の不良"による未来へのマスターピース。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜエコロジーか?ガタリとは誰だったか?
  • 第1章 自然を再考する(仕組みとしての自然
  • アンビエンスとしての主体感
  • 機械状アニミズムと反自然の融即)
  • 第2章 エコソフィーとカオソフィー(分子革命からエコソフィーへ
  • カオスとカオスモーズ
  • 潜在性と記号)
  • 第3章 分裂生成の宇宙(美的なものと地図作成法
  • DSM‐V、あるいは発達原理の彼方に
  • リトルネロと音楽のエコロジー)
  • 終章 ブラジルと日本を横切って…"全=世界"リゾームへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 四つのエコロジー
著作者等 上野 俊哉
書名ヨミ ヨッツ ノ エコロジー : フェリックス ガタリ ノ シコウ
書名別名 フェリックス・ガタリの思考

Yottsu no ekoroji
出版元 河出書房新社
刊行年月 2016.11
ページ数 374p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-24783-0
NCID BB22619907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22825511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想