気障でけっこうです

小嶋陽太郎 [著]

女子高生のきよ子が公園で出くわしたのは、地面に首まですっぽり埋まったおじさんだった。「人生の小路に潜む、落とし穴にはまり…」と間抜けな格好で嘆く男。きよ子は助け出そうとするも、途中で車にはねられ病院へ。その後、目を覚ましたきよ子の前に、なんとあの男が現れた。「私、死んじゃったんですよ」そう、幽霊となって-七三分けの気弱な幽霊と今どき女子高生の奇妙な交流を描く、切なく不思議な新感覚の青春小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 気障でけっこうです
著作者等 小嶋 陽太郎
書名ヨミ キザ デ ケッコウ デス
書名別名 Kiza de kekko desu
シリーズ名 角川文庫 こ46-1
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2016.11
ページ数 318p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-104763-7
NCID BB22701098
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22818794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ハムスターと私 小嶋 陽太郎
気障でけっこうです 小嶋 陽太郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想