イスラーム帝国のジハード

小杉泰 [著]

七世紀、アッラーの啓示で人間の平等と弱者救済を説いたムハンマド。迫害の中で創られたイスラーム共同体は後継者たちの大征服でアラビア半島の外に拡大。わずか一世紀でイベリア半島から中央アジアまで広大な帝国を築き、一〇世紀にはアッバース朝の黄金期へ。多民族、多人種、多文化の人々を包摂、多宗教も融和する知恵が歴史の奇跡を実現した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-「夜陰の旅立ち」から
  • 帝国の空白地帯
  • 信徒の共同体
  • ジハード元年
  • 社会原理としてのウンマ
  • 帝都ダマスカスへ
  • イスラーム帝国の確立
  • ジハードと融和の帝国
  • 帝国の終焉とパクス・イスラミカ
  • 帝国なきあとのジハード
  • イスラーム復興と現代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラーム帝国のジハード
著作者等 小杉 泰
書名ヨミ イスラーム テイコク ノ ジハード
書名別名 Isuramu teikoku no jihado
シリーズ名 興亡の世界史 2388
講談社学術文庫 2388
出版元 講談社
刊行年月 2016.11
ページ数 401p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292388-0
NCID BB22439541
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22815983
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想