隠密奉行柘植長門守

藤水名子 著

長崎奉行を勤め上げて江戸に戻ってきた柘植長門守正寔は、作事奉行の任についていたが、ある日、謎の人物から屋敷に誘われる。疑心暗鬼で誘いに乗ると、そこには幕閣の若き俊英がいた-。「松平定信じゃ、見知りおけ」。そして、正寔が伊賀の血を引くことから、定信にある人物の守りを頼まれるのだが、時の幕閣の思惑が絡み、命を狙われることになり…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 隠密奉行柘植長門守
著作者等 藤 水名子
書名ヨミ オンミツ ブギョウ ツゲ ナガトノカミ : マツダイラ サダノブ ノ フトコロガタナ
書名別名 松平定信の懐刀
シリーズ名 二見時代小説文庫 ふ2-11
出版元 二見書房
刊行年月 2016.11
ページ数 281p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-576-16164-8
全国書誌番号
22807328
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想