日本の聖域(サンクチュアリ)ザ・タブー

「選択」編集部 編

「知る権利」が危うい。国際NGO「国境なき記者団」が発表する「報道の自由度ランキング」での、日本の順位は下がり続けている。大手メディアに蔓延する萎縮、忖度、自主規制-。彼らが避けて触れない「闇」は、政界、官界、財界、学界などに絡み合って存在する。それら25の組織や制度にメスを入れる、会員制情報誌の名物連載第三弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 この国の深淵をのぞく(理化学研究所-利権にまみれた「科学者の楽園」
  • 東宮-皇室危うくする雅子妃
  • 学習院-「皇族教育機関」の終焉 ほか)
  • 第2部 不義と不正の巣窟(人工妊娠中絶-年間二十万近くの「捨てられる命」
  • 中国大使館-母国情報機関の一大集結地
  • 公安警察-この国の「諜報世界」を歪める者 ほか)
  • 第3部 欲望に勝るものはない(私大と新聞の「異様な関係」-無能学生濫造を促進
  • 農薬ムラ-有害「ネオニコ系」を野放し
  • 日本内科学会-医療費を食い荒らす利権集団 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の聖域(サンクチュアリ)ザ・タブー
著作者等 「選択」編集部
選択出版株式会社
書名ヨミ ニホン ノ サンクチュアリ ザ タブー
書名別名 日本の聖域ザ・タブー

Nihon no sankuchuari za tabu
シリーズ名 新潮文庫 せ-14-3
出版元 新潮社
刊行年月 2016.11
ページ数 344p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-127243-6
NCID BB22363177
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22808308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想