井伊直虎

夏目琢史 著

母系制社会から男性中心の徳川幕府へ。自然から都市民たちの文明へ。仏神の力を借りたカリスマから、異端視される存在へ-。遠州の山里を生きた直虎は、消えゆく中世的世界の象徴だった!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 直虎はヒロインにふさわしいか?(「直虎ってだれ?」
  • 直虎の「宿命」 ほか)
  • 第1章 直虎の生涯(この物語の舞台-引佐町とは
  • 井伊家のルーツ ほか)
  • 第2章 直虎の正体-「山の民」「女性」「悪党」(井伊氏の正体-「山の民」
  • 「山の民」を統率する井伊氏 ほか)
  • おわりに 歴史の岐路に立つ人びと(失われた歴史像の復元をめざして
  • 「仮説」と今後の検証 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 井伊直虎
著作者等 夏目 琢史
書名ヨミ イイ ナオトラ : オンナリョウシュ ヤマ ノ タミ アクトウ
書名別名 女領主・山の民・悪党

I naotora
シリーズ名 講談社現代新書 2394
出版元 講談社
刊行年月 2016.10
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288394-8
NCID BB2226896X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22807666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想